【第3話】街と奥山のあいだ。自然と文明のバランスが「ちょうどいい」宇陀市で見つけた、健やかな暮らし 〜子育て編〜

「いいですねぇ〜こっちは何したらいいんですか?」に感じた、下北山村が本気であたらしいことに取り組む姿勢

大家さんとの相性が全てを決める。ぼくたちにとっての「理想の大家さん」との出会いについて

「彼岸」の図書館を訪れる人々との、本を介した交流について

図書館に命を吹き込んでくれた「中峰工務店」の中峰さん

ほっとする場所。東吉野村・鷲家の「レストランあしびき」

水がきれいということ。そしてその水の色の名前。