• HOME
  • ライターから記事を探す

ライターから記事を探す

青木真兵

青木 真兵
Aoki Shinpei

人文系私設図書「Lucha Libro」キュレーター。1983年生まれ。古代地中海史研究者(フェニキア・カルタゴ史)。博士(文学)。2016年より東吉野村で図書館を運営している。
青木海青子

青木 海青子
Aoki Miako

人文系私設図書「Lucha Libro」司書。2016年より東吉野村で図書館を営むかたわら、刺繍等でコマゴマしたものを製作し、「コマモノいろいろ。青い木」の屋号で販売している。
赤司研介

赤司 研介
Akashi Kensuke

SlowCulture/編集者・ライター。1981年、熊本県生まれ。神奈川県藤沢市で育ち、2012年に奈良県に移住。2児の父。「健やかな選択」をする人が増えていくためのさまざまな編集・執筆に取り組んでいる。
朝日陽子

朝日 陽子
Asahi Yoko

愛知県出身。芸術系大学を卒業。アパレル会社に勤務後、登山用品専門店に転職。アウトドアを通じての町おこしに興味を持ち、2017年より地域おこし協力隊として奈良県川上村へ移住。
上村恭子

上村 恭子
Uemura Yasuko

イラストレーター。奈良市内の雑貨店「フルコト」のメンバーと、奈良の魅力や歴史を広く伝えたいという想いを込めて「企画編集会社ココトソコノ制作室」を設立。平成28年に奈良市から下北山村に拠点を移す。
エリックマタレーゼ

エリック マタレーゼ
Eric Matarrese

米国ロサンゼルス出身。2011年から日本に住んでいる。2016年に地域おこし協力隊として川上村に移住。翻訳と通訳をしながら、「anaguma 文庫」としてリトルプレスを制作している。
小野晴美

小野 晴美
Ono Harumio

大阪府出身。大学卒業後、ソーシャルワーカーとして病院勤務。結婚し、世界を訪ねて巡るハネムーンの旅に出る。自然豊かな地を求めて、2017年春に下北山村に移住。山村地域でのナリワイ作りにも挑戦中。
北直紀

北 直紀
Kita Naoki

1983年、下北山村生まれ。同志社大学経済学部卒。幼少期から中学卒業まで、雄大な自然の中で育つ。高校・大学に通うために奈良市内で下宿。中学校の教職員を経て、2010年から下北山村役場に勤務。
坂本大祐

坂本 大祐
Sakamoto Daisuke

1975年、大阪府生まれ。東吉野村を拠点に、デザイナーとして商品やプロジェクトなどの企画立案からディレクションまで手がける。村と外をつなぐパイプ役として、東吉野村を拠点に活動中。
都甲ユウタ

都甲ユウタ
Togo Yuta

1984年、大分県生まれ。橿原市在住のカメラマン。魚採り「ガサガサ」に夢中になったことをきっかけに、川を綺麗に保つための森づくりを目指し、下北山村の仲間たちと日々勉強中。
中野展宏

中野 展宏
Nakano Nobuhiro

大阪府堺市生まれ。銀行勤務を経て、地域おこし協力隊として曽爾村へ移る。現在は、トマト農家の修行中であり、2019年に独立予定。その他、移動映画館「曽爾シネマ」を主宰している。
並木美佳

並木 美佳
Namiki Mika

東京都生まれ。父親の転勤により名古屋市、富山市、宇都宮市で育つ。武蔵野美術大学卒業後、家具メーカー勤務を経て、2017年に曽爾村へ移住。地域の方々とともに漆の植栽、漆掻き、特産品開発等を行う。
西久保智美

西久保 智美
Nishikubo Tomomi

五條市生まれ。コミュニティライターとして地域の「ひと」「もの」「こと」を記録し、情報を発信。また、地域コーディネーターとして、吉野から天川、高野山にかけた広域連携事業にも携わる。
福西奈々子

福西 奈々子
Fukunishi Nanako

高取町在住。2児の母。「たかまち*高取町ママたちのちから*」代表。企業の広報を担当し、プレスリリース・販売促進・情報発信に携わる。プレスリリースやウェブライティングの講師も務める。
藤本千幸

藤本 千幸
Fujimoto Chiyuki

1991年、奈良県天理市生まれ。大学を卒業後、商空間を創る仕事に携わる。結婚を機に退職。 2017年、下北山村に移住。大自然とともに生きる人々、都会とは異なる価値観に触れながら暮らしている。
松本昌

松本 昌
Matsumoto Sho

1978年、明日香村生まれ。大阪芸大卒業後、明日香村内のカフェやゲストハウスの立ち上げから関わり勤める。2019年、飛鳥駅前に「Matsuyama Cafe」をオープン。木工作家の一面も持つ。
森裕香子

森 裕香子
Mori Yukako

奈良県高取町生まれ。専門学校卒業後、地元を離れ神戸で暮らしながらウェディングプランナーや人事職等を経験。観光で訪れた、新潟の過疎地でのアートイベントがきっかけとなり地域活性化に興味をもつ。
早稲田緑

早稲田 緑
Waseda Midori

2013年に東京から川上村へ移住。「株式会社エヌアイプランニング」にて、吉野林業そのものをプロモーションすることを活動の軸にしながら、地域や分野を横断した企画提案を行っている。