下市町

中世以降に吉野山地と大和平野を結ぶ交通の要衝として交易が盛んになったことから、市場町として栄えた下市町。
古くから割り箸、神具、桶などの木工品がつくられてきました。
春先には奈良県三大梅林のひとつ「広橋梅林」の約5000本の梅が色鮮やかに咲き乱れます。