世界を旅して「夢見た暮らし」と、下北山村の「きなりの暮らし」が重なるところで。

毎⽇、⾃分でつくったお茶を飲む。 下北⼭村で知った、贅沢な選択。

「いいですねぇ〜こっちは何したらいいんですか?」に感じた、下北山村が本気であたらしいことに取り組む姿勢

水がきれいということ。そしてその水の色の名前。

森に生きる仕事で地域や家族に恩返しを。下北山村に移住した家具職人・本田昭彦さんインタビュー

「夫ターン」でやってきた、奈良で最も海に近い村・下北山村で実感する、心に彩りのある日々。